【遠方はつらいよ】大学生の部屋探し~わが家の場合~

私たち『スマートエイジング世代』は、お子さんが高校生・大学生という方も多いと思います。
お子さんが進学や就職で、今まで住んでいた地元を離れ一人暮らしをするとなった場合、まずは部屋探しをする必要があります。

でも右も左もわからないような場所で良い部屋を探すとなると、何から手をつけたら良いものか・・・いろいろ悩みますよね。
ましてや遠方となると上手に段取りしておかないと、費用・時間・気力・体力の浪費となってしまうかも・・・。

そこで、わが家の娘が大学受験を機に体験したことをベースに「これはぜひやっておくべき」「こうしておけばよかった・・・」など部屋探しのポイントについてお話ししたいと思います。

良い部屋を見つけて新生活を気持ちよくスタートするために、ぜひお役立てください。

部屋探し、まずは情報収集から

一般入試で大学受験をするなら、早くても2月中旬、中期・後期日程なら3月中旬にならないと合否がわかりません。

「やったぁ~、大学に合格したよ!」
となってから部屋探しを始めては、はっきり言って遅いです。(推薦入試やAO入試で、早い時期に合格が決まった方なら別ですが・・・。)

では、合格発表までにやっておくべきことって何でしょう?
それは【情報収集】です。

お子さんが受験する大学近辺の物件についてリサーチするのは、部屋探しにおいてとても重要なことです。
それではどんな手段で情報収集すればいいのでしょう?

大学の学生寮を利用する場合

学生寮は大学に近い場所に立っている場合が多く、賃料も比較的安めなのがメリットです。
学生寮については、ホームページで詳しい説明を記載している大学が多いので、ぜひご確認ください。
またオープンキャンパスや資料請求でもらえるパンフレットにも学生寮の説明があるので、気になる大学については早いうちに資料を取り寄せるといいと思います。

一般的な入寮手続きの流れ

大学によっては応募前に説明会への出席が必要だったり、大学に行って受付をする場合もあります。
また、申し込み期限が2月中旬や3月上旬までという大学もあるので、中期・後期日程での受験の場合は応募に間に合わなかったり、空き部屋が殆ど無いということも・・・。

学生会館を利用する場合

学生会館とは企業が運営している学生向けの寄宿舎のことです。

学生会館の特徴は?

学生会館も申し込み順に入居が決まるので、時期が遅いと空き部屋が無くなる場合もあります。
また、学生会館は自分の通う大学の近くに必ずしもあるわけではないので、通学手段や時間も考慮する必要があります。

学生会館については、運用している企業のサイトからメールや無料通話で資料請求ができるので、気になったら申し込んでみるといいと思います。

大学生協を利用する場合

大学生協とは組合員(学生や教職員)の出資金によって運営されている協同組合のことです。
なので大学生協のサービスを受けるためには、出資金を支払って組合員になる必要があります。
ちなみに出資金は卒業時に全額返金されるので、入っておいて損はないですよ。

入学予定の大学に大学生協があるかどうか、確認しておくと良いでしょう。
icon_go02_02_01全国の大学生協のご案内

もしも大学生協が無かった場合はどうするのか?
その時は『インターカレッジコープ』という、大学に生協がない人のための大学生協が運営されている地域もあるので、そちらも確認してみてください。

大学生協で部屋探しをするメリットは?

特にお部屋探し相談会などのイベントは、「とにかく部屋を決めてしまいたい!」という方にはありがたいですよね。
お子さんが受験している間に、親御さんがイベントに参加するっていうのもアリだと思います。
ただし、先行予約出来ない物件もあるので、必ず確認してください。
また、予約した部屋は合格したら必ず本契約するなど、いろいろな制約がある場合も・・・。
くれぐれも、お部屋選びは慎重に!

地元の不動産会社を利用する場合

やっぱりお部屋探しは地元のことをよく知っているプロにお任せしたい!
そんな方は地元の不動産屋さんに出向くのがいいでしょう。

地元の不動産会社で部屋探しをするメリットは?

ただ遠方に住んでいると、そもそも不動産屋さんがどこにあるのか、どこの不動産屋さんが良いのかもわからないですよね。
TVCMなどで有名な大手の不動産会社に行くか、情報誌やネットで下調べしてイチかバチかで行ってみるか・・・。
私みたいな田舎者が都会で部屋探しをするとなると、かなり勇気がいる作戦です。

そこで私がおすすめするのは次の『賃貸物件検索アプリ』を利用する方法です。
実際にわが家も、この『賃貸物件検索アプリ』を利用してお部屋を決めました。(*^^*)

賃貸物件検索アプリを利用する場合

賃貸物件検索アプリはエリアや間取り、家賃などを入力すると、その条件にあった部屋を検索できる便利なアプリです。
『App Store』や『Google Play』で探すと、無料アプリがたくさん見つかりますよ。
色々あるアプリの中で、わが家が利用したアプリなどをいくつかご紹介しますね。

icon_flag1_heart_02わが家はこのアプリでお部屋を決めました。

HOMES(ホームズ)-賃貸・不動産-住まい探し検索アプリ

HOMES(ホームズ)-賃貸・不動産-住まい探し検索アプリ
開発元:Next
無料
posted with アプリーチ

マイナビ賃貸 - 全国の賃貸マンション・賃貸アパートを検索

マイナビ賃貸 – 全国の賃貸マンション・賃貸アパートを検索

無料
posted with アプリーチ

アパマン-賃貸・マンション・アパート・不動産・部屋探しアプリ

アパマン-賃貸・マンション・アパート・不動産・部屋探しアプリ
無料
posted with アプリーチ

アットホーム-マンション・アパートなどの賃貸お部屋探しアプリ

アットホーム-マンション・アパートなどの賃貸お部屋探しアプリ
無料
posted with アプリーチ

SUUMO(スーモ)賃貸・マンション・一戸建て・物件・不動産

SUUMO(スーモ)賃貸・マンション・一戸建て・物件・不動産
無料
posted with アプリーチ

マンション/アパートなど、賃貸/家探しなら、CHINTAI

マンション/アパートなど、賃貸/家探しなら、CHINTAI
無料
posted with アプリーチ

これらのアプリで部屋探しをする場合、重要になってくるのが『部屋探しのポイント』です。
部屋の間取りや賃料など、「これだけは譲れない!」という条件をきちんと洗い出しておきましょう。

部屋探しのポイント~わが家の場合~

部屋を探すためには、どこに借りるのか?どんな部屋がいいのか?予算は?など色々な条件があると思います。
この『部屋探しのポイント』がはっきりしていないと、どの物件にしたらいいのか決められません。

まずはお子さんと『部屋探しのポイント』について、じっくり話し合ってください。
賃貸物件検索アプリで早い時期から部屋探しをして、どんな物件がいいのかお子さんと『部屋探しのポイント』を共有しておくと、実際には2月~3月になって部屋探しをすることになっても、情報収集しやすいと思います。

わが家では10月頃から賃貸物件検索アプリで部屋探しをしていました。
部屋探しと言っても「こんな感じの部屋がいいなぁ」くらいのゆる~い探し方です。
10月頃に「いいな」と思った物件があっても、実際に借りたい時期には無かったりするので・・・。
でも、そうすることで親と子のそれぞれが思っている『部屋探しのポイント』が明確になるので、違うところは話し合って妥協案を出し合いました。

実際に本気を出して部屋探しを始めたのは12月半ばになってからです。
その時に、わが家がこだわった部屋探しのポイントは次の3つです。

賃料を決めよう

賃料とは月々に支払う家賃のことですが、それ以外に管理費や共益費が含まれることもあります。
また敷金礼金、更新料、仲介料、火災保険などに入らないといけない場合はその保険料など、契約時や更新時に発生する支払いもあります。

pop_01_01a家賃の上限を決めておく
わが家では家賃60,000円以下までという条件で部屋探しをして、58,000円で「いいな」と思う物件が見つかりました。
でもその物件は家賃以外に管理費が5,000円必要だったんです!
つまり実際には月々63,000円払うことになるので予算オーバーになってしまいます。

ちょっと頑張れば何とか支払えそうということでこの部屋を契約しましたが、今思えば家賃の上限設定は「どうしてもこれ以上は払えない」という金額よりもやや余裕のある金額にしておけばよかったかなとちょっぴり後悔しています。

部屋の間取りと設備

間取りと設備について、私と娘で何度か話し合って決めたポイントはコレ↓です。

わが家のこだわりポイント~間取り・設備について~
  • 間取りは10~12帖のワンルーム
  • キッチンはガスコンロではなく、IHヒーター
  • お風呂とトイレは別々
  • エアコン付き
  • ネット環境完備で使い放題
  • 女の子の一人暮らしのため、モニター付きのインターフォン

契約したのは7帖のワンルームだったのですが、ロフトが5帖ついているので合計すれば12帖のお部屋です。
決まった時は「なかなか良い部屋を見つけたなぁ」と満足していましたが、実際に入居してみていくつか気になったことがありました。

入居してみて気づいたこと
  • 物がないうちは広く感じたが、家具などを置くと思った以上に狭い
  • クローゼットがないので収納に場所をとられる
  • ロフトが意外と使いづらい(はしごが場所をとる、エアコンよりもロフトが高いので効きが悪い、天井が高いので突っ張りタイプの耐震対策がしにくい)
  • お風呂に脱衣所がないので着替えに困る
  • お風呂に窓がないので湿気がこもる
  • 玄関から部屋の中が丸見え

pop_01_01aわが家の対処法はコレ!
耐震グッズ01・収納に関してはタンスなどの大型家具を置く場所がないので、収納ケースとカラーボックスでコンパクトに。
・ロフトのはしごを、洋服をかけるスペースとして利用。くま02
・お風呂は使ったら必ず換気扇を回し、扉を開けておく。
・目隠しのため、玄関先にのれんを突っ張り棒で設置。
・耐震対策は壁に穴を開けずに固定できるグッズを使用。

他にも気になることは多々ありますが、今では娘も工夫して一人暮らしを満喫しています♪

どこに住みたい?立地条件を考えよう。

部屋探しでどこに住みたいのか?というのは、最も重要なポイントになります。
ひと言で立地条件と言ってもいろんなパターンが考えられます。
例えば・・・。
大学の近くがいい? 駅に近いほうがいい?
静かな住宅街がいい? お店が多い街中がいい?
大学までの交通手段は徒歩? 自転車? バイクや車?
坂道がキツイのは嫌? 海の近くは津波が心配?

知らない場所で部屋探しをする時、遠方だと実際に住む環境をイメージするのはなかなか難しいです。
現地に行って自分の目で確認するのが一番ですが、交通費や日程などの問題もあるので、そうそう何度も足を運ぶのは大変です。
そんな時は現地の不動産屋さんに電話で相談してみてはいかがでしょう。
きっと親切に教えてくれると思います。

わが家の場合は、志望大学の近くに住んでいたことがあったので、環境はだいたいわかっていました。
なので現地に行かずに、賃貸物件検索アプリで家探しを敢行することに!

わが家のこだわりポイント~立地条件について~
  • 大学までは徒歩(30分以内のエリアならOK)
  • 近くにコンビニ・病院・バス停がある
  • 周りに学生向けのアパートが多い、または住宅街に建っている

わが家のこだわりポイントを基に賃貸物件検索アプリで部屋探しをした結果、私も娘も「いいな」と思う部屋が見つかったので早速その物件を管理している不動産会社にメールで連絡をしました。

それはまだ受験もしていない1月始めのことです。
「まだ早いかな」とは思ったのですが、なんせ初めてのことなので、少しでも早く動き出しておこうと思ったのです。
そしてこれから「遠方の部屋探しは大変だなぁ」と実感していくことになるのです。

遠方での部屋探しはココが大変

部屋を決めるまでは波乱万丈

まずは、賃貸物件検索アプリで見つけた部屋を管理している不動産会社へメールをして、わが家の状況を伝えました。

わが家の置かれている状況について
  • 遠方での部屋探しなので、ほとんど現地には行けない
  • 本命大学に合格したときのみ契約したい(すべり止めは地元なので)
  • 合格がわかるのは早くても2月、遅ければ3月になる
  • できれば部屋の仮押さえをしたい

するとその日のうちに、不動産会社から返信がありました。
それが今後わが家を担当してくれることになるS田さん(仮名)でした。

返信内容はこんな感じ
  • 部屋の仮押さえには『合格通知書』が必要になるので、現段階では仮押さえは出来ない
  • 遠方ならば物件の周辺環境を見たほうが良い
  • 周辺はアップダウンがかなり多いのが心配
  • 気になる物件があれば、他の業者さんの物件でも調べてくれる
  • わからないことは遠慮なく質問してくれれば、全力でサポートする
とても親切な内容だったので「S田さんに任せよう!」という気持ちになりました。(*^^*)

そこで、気になっている物件をいくつか伝えておきました。
仮押さえが出来ない状態だったので、とりあえず1月末になってからその物件の状況(まだ空いているか)を知らせてくれることになりました。

ところが・・・1月末になってみると、推薦入試などで先に合格が決まった人たちが、部屋探しに動き出したからなのでしょう。
わが家が気になっていた物件はことごとく契約が決まってしまったのです!( TДT)ガーン

なんとここにきて振り出しに戻り、物件検索から再スタートです。
しかし、希望していたエリアの物件はほとんどが決まってしまっている状況で、空いている物件はわが家の希望条件とは合わなかったのです。

「万事休す!」と思っていたところ、S田さんから違うエリアを検討してみないかという提案がありました。
そのエリアは大学まで徒歩で行ける範囲ではあるがアップダウンがあり、入学希望の学部からは離れているので大学内での移動距離があるというものでした。
今まで考えていなかったエリアだったのでちょっと悩みましたが、間取りや設備、家賃についてはほぼこちらの希望通りだったのでS田さんおすすめの物件で話を進めていくことになりました。

部屋の契約は時間との戦い

S田さんおすすめの物件は、2月末に完成予定の新築物件でした。
つまり完成までは内覧できないということです。
この点は賃貸検索アプリで完成予定の部屋の内装イメージが見れたので、大した問題ではありませんでした。

周りの環境については『Googleストリートビュー』を使って調べてみました。

Google ストリートビュー

Google ストリートビュー
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

確かにアップダウンはきつそうでしたが、地元の家も坂のてっぺんにあるので全然へっちゃらでした。
それに住宅街の中に建っていて、近くに総合病院やコンビニもあったので安心出来ました。

とにかく一番の問題は、『合格通知書』がないと仮押さえができないことです。
合格発表後、契約の申し込みが殺到するため、合格が決まり次第すぐに手を打つ必要があります。
『合格通知書』が郵送されてくるまで、こちらとしてはじっと待つしかない状態でした。

ここでS田さんが頑張ってくれました!
『合格通知書』が届いたらすぐに仮押さえできるように、それまでに必要な書類の準備に取り掛かります。
そしてインターネットで合格を確認したら、すぐにS田さんに連絡を入れます。
あとは『合格通知書』が届いたら写真に撮ってメールで送れば、S田さんが仮押さえしてくれるという段取りです。
『合格通知書』はその後、すぐに速達で郵送しました。

S田さんのおかげで部屋を押さえることが出来ましたが、なんと残り2部屋のうちの1つで、残り1つもすぐに埋まったそうです。
まさに時間との戦い!本当にギリギリセーフでした。
冷や汗ものの部屋探しでしたが、早めに部屋探しを始めたことと、担当者とこまめに連絡をとっていたおかげで無事に部屋探しができたんだと思います。

遠方での部屋探しも「やれやれ何とか終わった・・・。」と思ったのもつかの間、実はこのあともうひと頑張りしないといけないのです。

3月、4月は繁忙期です

住む部屋が決まったら、次は引越しの準備です。

初めは単身者向けの引越しサービスの利用を考えていたので、どこの引越し業者が良いのか調べてました。
icon_go02_02_01単身者向けの引越しサービスを探すなら・・・。

ところが、家から持ち出すものは衣類や雑貨くらいで、まとめてみると段ボール3箱だけ。
それなら宅配便のほうが安くすむということで、結局宅配便を利用することにしました。

新生活を始めるために必要な家電製品(洗濯機、電子レンジ、冷蔵庫、炊飯器、テレビ)は近所の家電量販店でまとめて購入、布団はインテリア用品の量販店で購入しました。
家電も布団も全国展開しているお店で買ったので、県外の住所でも配送OKなのは助かりました。

収納ケースやカラーボックスはネット通販を利用、配送先を引越し先の住所にして購入しました。
その他の日雑品は現地で調達することに・・・。

さて、ここまででお気づきかもしれませんが、わが家の引越しはほぼ宅配業者任せなんですね。
宅配便を使ったことがある方なら知っていると思いますが、通常ならば荷物の配達日時を指定できるサービスがあります。
だから引越しの日時に合わせて配達してもらえば、段取り良く事が進むはずだったんです。
そう、通常ならば・・・。

ところが3月、4月は引越しや宅配便などの運送業は、【超】が付くほどの繁忙期なんですよね。
そのため配達の日時指定は出来ない場合があるんです。

わが家の場合、引越しは3月末。
段ボール・家電製品・布団は、なんとか引越しの日に合わせて配送してもらえました。
ただし時間の指定は出来なかったので、ひたすら部屋で荷物の到着を待つことに。
結局、段ボールは昼間、家電製品と布団は夜になってから届きました。

通販で買ったものに関しては、日時指定が全くできなかったので、いつ届くのかもわからない状態でした。
早いものは引越しの2日後、遅いものは10日後にようやく配送されてきました。

私も引越しに立ち会ったのですが、引越しが終わる頃にはもうグッタリ疲れ果ててました。
時間に迫られて娘との別れをゆっくり惜しむ間もなく、帰りの新幹線の中で「あぁ、もう毎日顔が見れないんだな・・・。」とようやく寂しさが込み上げました。
こうして、擦った揉んだありながらも引越しを終えて、娘は一人暮らしをSTARTさせたのでした。

まとめ

大学受験を控えたお子さんがいる親なら、まずは無事に志望校に合格することに全力を注ぐことでしょう。
でも、それと同時に『新しい生活を気持ちよくスタートするために、親ができることは何か』も考えておく必要があります。

特に、親元を離れて一人暮らしを始めるお子さんはきっと不安でいっぱいでしょう。
まずは生活の基盤となる部屋探しをしっかりしておけば、子どもさんはもちろん、親御さんも一安心ですよね。

icon_message02_check16遠方での部屋探しは、早めに始めることと情報収集がポイントです くまたん-home01

ひっぽこ05

ひっぽこ05

投稿者プロフィール

50代専業主婦。
好きなこと|空を見上げる、おいしい物を食べる、写真を撮る
趣味|御朱印巡り、パン屋巡り、刺し子、パン・お菓子づくり
気になること|親の介護と自分の老後、急激に増えたお腹周りの脂肪と垂れたおしりの肉

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. ふるさと納税をしたら、忘れてならないのが寄付金控除を受けるための手続きをすることです。 それがいわ…
  2. みなさんは「葉酸」って知っていますか? 私は名前は知っていましたが、その働きについてはあまり知らな…
  3. 最近「これは凄い!」と話題になっているもの・・・。 それがココナッツオイルです。 スーパーや…
  4. 料理が格段に美味しくなって、しかも時短もできる便利なお鍋、それが圧力鍋です。 圧力鍋の魅力を知って…

投稿者プロフィール

ページ上部へ戻る