【節税のすすめ】ふるさと納税はじめての確定申告書作成ルポ

ふるさと納税をしたら、忘れてならないのが寄付金控除を受けるための手続きをすることです。
それがいわゆる、確定申告書の作成と提出です。
何だかいろいろ難しそうだけど、私にもできるのでしょうか!?

ここからは、私が体験した”はじめての確定申告書作成ルポ”をお送りします。

ふるさと納税をしたら確定申告書を作成・提出しましょう!

ふるさと納税について簡単に説明すると、自治体に寄付をすることで
寄付をもらった自治体は財源が潤う
寄付をした人はお礼の品をもらえるうえに、税金の還付・控除が受けられる
というウィン・ウィンな仕組みです。
詳しくは【節税のすすめ】サラリーマンこそ、ふるさと納税するべし!

確定申告書の作成・提出はいつすればいいの?

ふるさと納税による寄付金の控除を受けるには、確定申告還付申告の2種類があるのはご存知ですか?
実は確定申告と還付申告とでは申告の提出期限に違いがあるんです。

確定申告とその提出期限

所得税及び復興特別所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得の金額とそれに対する所得税及び復興特別所得税の額を計算し、申告期限までに確定申告書を提出して、源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続です。

引用:国税局

サラリーマンなど給与所得者の場合、給与支払者(企業)によって年末調整が行われているので、ほとんどの方が確定申告の必要はありません。
ただし、給与所得者であっても確定申告が必要な場合もあるので、ご自分がどちらになるのかわからない場合は、国税局のHPで給与所得者で確定申告が必要な人icon_message02_check02してみてください。

もしも確定申告が必要な人に当てはまったら、確定申告の提出期限は例年2月中旬~3月中旬となります。
※2017年分の確定申告は2018年2月16日~3月15日です。

還付申告とその提出期限

確定申告書を提出する義務のない人でも、給与等から源泉徴収された所得税額や予定納税をした所得税額が年間の所得金額について計算した所得税額よりも多いときは、確定申告をすることによって、納め過ぎの所得税の還付を受けることができます。この申告を還付申告といいます。

還付申告書は、確定申告期間とは関係なく、その年の翌年1月1日から5年間提出することができます。

引用:国税局

確定申告が必要ない人でふるさと納税による寄付金控除を受けるなら、還付申告をすることになります。
ただし、還付申告書というものは無いので、形式は確定申告書を作成します。

還付申告の提出期限は翌年1月1日から5年間となっています。
※2017年分の還付申告は2018年1月1日から2022年12月31日となります。

もし「確定申告で税務署が混雑してるから嫌だな」と思うなら、2月中旬~3月中旬を外した時期に提出に行くといいでしょう。
だからと言ってあまりのんびりしていると、税金の還付・控除されるのが遅くなってしまいます。
おすすめとしては、2月15日までに還付申告を終わらせておくのがいいでしょう。

また、過去に申告し忘れていた寄付金がある場合、5年間はさかのぼって申告できるので諦めないでくださいね。

確定申告書の作成は難しい?

ふるさと納税をすることで税金の還付・控除を受けられるのですが、そのために必要なのが確定申告書です。
確定申告書を作成するのって「難しそう」「面倒くさい」「わざわざ税務署まで行く時間がない」など、何だか億劫になるイメージがありませんか?
実を言うと私がふるさと納税を始めるのに二の足を踏んでいたのは、まさにそのネガティブイメージのせいでした。

でもやっぱりふるさと納税はやってみたいし、節税のためにもやるべきだ!
「確定申告?まあ、なんとかとかなるでしょ」という前向き(楽天的?)な考えで、ふるさと納税を始めたわけですが、コレがまあ楽しい!!
いろいろな自治体から名産品が送られてきて、行ったことがない所なのに旅行したような気分を味わえました。
なので、ふるさと納税は本当にやってみて良かったんです♪
そう、問題は面倒な確定申告書の作成です。

パソコンが使えればこんなに簡単!

寄付金控除のために確定申告書を作成するにも、一体どうすればいいのか?どんな書類が必要なのか?
それすらわからなかった私がまずしたこと、それは国税局のホームページを調べる!ということでした。(当たり前?)
確定申告で検索

国税局って言うと堅苦しくって、ホームページも小難しい言葉が並んでいるんじゃないかな?
私に理解できるかしら?なんて思っていましたが、心配ご無用!
とってもわかりやすく、使いやすいものでした。

ふるさと納税の確定申告

出典:国税局

赤い矢印部分をクリックすると、確定申告書の記入例が見られるページに移動します。

これでもちょっとわかりづらいわ~という場合は、これがおすすめ!
なんと!動画で確定申告書の作成について説明してくれているんです。
私はこの動画に大変お世話になりました。
この動画の言うとおりに入力すればいいので、サクサクと作業が進みました♪
ふるさと納税の確定申告03

出典:国税局

確定申告書を作成する前に

手順がわかったら、手元に必要な書類などを用意して、さっそく寄付金控除のための確定申告書を作成しましょう。

確定申告書作成に必要なもの

源泉徴収票

ふるさと納税を納めた自治体が発行する寄付金受領証明書

マイナンバーカードまたはマイナンバーがわかる書類(マイナンバー通知カードやマイナンバーが記載された住民票)

還付金を受け取るための口座番号がわかる通帳やキャッシュカード

印鑑(シャチハタ、ゴム印はNG)

pop_01_01a番号法整備法や税法の政省令の改正により、確定申告書を提出するにはマイナンバーの記載が義務付けられました。
マイナンバーカードをまだ作っていない方は本人確認書類(運転免許証、公的医療保険の被保険者証、パスポート、身体障害者手帳、在留カードなど)の提示または写しが必要となります。
マイナンバーカードについては【解決!マイナンバー】通知カードとマイナンバーカードを解説します

確定申告書を作成してみましょう♪

ふるさと納税の確定申告04
出典:国税局
この確定申告等作成コーナーへという部分をクリックすると、入力作業が始まります。

全ての項目に入力したら、確定申告書を印刷すればOK。
あとは確定申告書に必要な書類を添付して、郵送または税務署への持ち込みで提出すれば作業は終了!
お疲れ様でした~(^O^)/
ねっ、思っていたよりも簡単だったでしょ?

確定申告書の提出にあたっての注意点

パソコンで確定申告書を作成すれば、わざわざ混雑する税務署で何時間もかかって作業することはありません。
楽ちんなのはありがたいですが、入力内容や添付書類に不備があると申請が通らないなんてことも・・・。

そんなことにならないために、いくつか注意してほしいことがあります。

源泉徴収票は原本を提出

確定申告書と一緒に提出するものとして源泉徴収票があります。
この源泉徴収票は必ず原本を添付しないといけません。
コピーしたものはダメなのでご注意を。

提出した源泉徴収票は手元には戻ってきません。
ローンを組んだりや転職する時など、源泉徴収票が必要になった時は、勤務している(た)会社に再発行してもらう必要があります。

マイナンバーカードを持っていない場合

確定申告書には必ずマイナンバーの記入と本人確認書類の提示または写しの添付が必要です。
マイナンバーカードを持っていれば、マイナンバーカードで本人確認ができます。

しかし、マイナンバーカードを持っていない場合は、①番号確認書類+②身元確認書類が必要になります。

①番号確認書類
●マイナンバー通知カード
●マイナンバーが記載された住民票または住民票記載事項証明書
などのうちいずれか1つ
②身元確認書類
●運転免許証
●パスポート
●公的医療保険の被保険者証
●身体障害者手帳
●在留カード
などのうちいずれか1つ

※原本ではなく写しを添付書類台紙に貼り付け、添付してください。

パソコンは使わずに確定申告書を作成するなら

パソコンはどうも苦手で・・・という方は、税務署へ出向いて確定申告書を作成することになるかと思います。

税務署の開庁時間は、月曜日から金曜日(祝日等を除きます。)の午前8時30分から午後5時までです。
なお、一部の税務署では、平成29年分の確定申告期間中、2月18日と2月25日に限り、日曜日も確定申告の相談及び申告書の受付を行います。
税務署の閉庁日(土・日曜・祝日等)は、通常、税務署では相談及び申告書の受付は行っておりませんが、申告書は、税務署の時間外収受箱へ投函することにより提出できます。

引用:国税局

税務署では操作補助者の方や職員の方が、入力や記入方法についてアドバイスしてくれるので、安心して確定申告書を作成できます。

e-Taxならもっと便利

e-Taxとは、インターネットで確定申告などの手続きができるシステムのことです。
国税庁のホームページで確定申告書に必要事項を入力し、ネット提出することができるので、いちいち書類を印刷する必要がありません。
また、源泉徴収票や寄付金受領証明書、マイナンバーに関する本人確認書類など、添付書類の提出が省略できます。

ただしe-Taxを利用するためには

  • パソコンの利用環境が整っていること
  • マイナンバーカードを取得していること
  • マイナンバーカードに対応したICカードリライタを持っていること
    などの、事前準備が必要です。

一度事前準備をすれば、翌年からはすぐに確定申告書作成作業に取り掛かれるので、パソコンが得意な方ならe-Taxの利用を考えてみるのもいいでしょう。

まとめ

もしも「確定申告書の作成が難しいから・・・」と、ふるさと納税をあきらめている方がいるとしたら、それはもったいない!
わたしは今年はじめての確定申告書作成を体験しましたが、「今までなんでこんな簡単なことを嫌がっていたんだろう」と思うくらい、確定申告書の作成と提出はカンタンでした。

しかも、確定申告書を郵送で提出した10日後に還付金振込通知書が届いたのには、正直びっくりしました。
お役所仕事だし、もっと時間がかかるだろうと思っていたんです。
税務署のみなさん!Good Job!!

もう、確定申告書の作成・提出なんて全然ヘッチャラです。
もちろん今年もふるさと納税しますよ!

 

ひっぽこ05

ひっぽこ05

投稿者プロフィール

50代専業主婦。
好きなこと|空を見上げる、おいしい物を食べる、写真を撮る
趣味|御朱印巡り、パン屋巡り、刺し子、パン・お菓子づくり
気になること|親の介護と自分の老後、急激に増えたお腹周りの脂肪と垂れたおしりの肉

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 「食物繊維って何に効く?」 って聞かれて真っ先に頭に浮かんだのは「便秘解消!」です。 でも、…
  2. dietapp02アイキャッチ
    スマートエイジング世代は代謝が落ちてくるため、今までと同じ食生活や生活習慣なのに太りやすいと実感して…
  3. entertainment01-アイキャッチ
    スポーツ観戦が好きな人集まれ~♪ 月額1,750円(税抜き)で日本や世界の人気のスポーツのライブ配…
  4. carshare01
    免許取った子供のために新しく車を用意するとなると、重くのしかかるのがその維持費… ただでさえ学費や…

投稿者プロフィール

ページ上部へ戻る