仮想通貨を支えるブロックチェーンにはワクワクがつまってる

そもそもみんな大好きビットコインって、ブロックチェーンの上に乗っかっています。
世界中のたくさんのコンピュータが仮想通貨の取引の記録(ブロック)をみんなで共有して、それをどんどんつなげていくイメージ、まさにチェーンです。
このブロックチェーンは、例えば1人の悪い人がデータを改ざんして自分だけ儲けようとしても絶対にできないように安全性が保証された仕組みになっています。

ブロックチェーンにとにかくすごい技術なので、私なんかにはとうてい難しい説明はできませんが、とにかく仮想通貨の怪しげなイメージとはかけ離れた、なんて安心でフラットなワクワクする世界線なんだって話です。
これを知ったときに私は、「誰かが管理する国とか銀行なんかの中央集権的なものより、めちゃくちゃ公正で安心じゃないか!!」と、とにかくもうこれはすごい時代がやってきたぞと。
イメージだけで怪しいと決めつけていた自分を殴ってやりたくなりました。

だって、国とか一企業である銀行は誰が運営するかによって大きく方向性が変わったり、最悪つぶれちゃったりすることもあるわけです。
「銀行のシステムがパンクして手続きできなくて困った」なんて話はよく耳にしますよね。

でも、ブロックチェーンは独立した無数のコンピュータ間で、もしどこかでエラーが発生したとしても、プログラムで粛々と動き続けるんです。
すごくないですか?
ビットコインが大暴落して世界中で売買が恐ろしい量の行われた時でさえも、ちゃんと動き続けていたんです。

一番私がワクワクするポイントは、仮想通貨はこのブロックチェーンのごく一部で、金融・医療・ゲーム・アートなどほかにもいっぱいブロックチェーンが世界中で活用され続け、さらに安心便利な世界を作り続けているというところです。

インターネットをみても、創生期から携帯電話の普及、そしてここ10年ほどのあいだのスマホの普及で、あっという間に世の中が便利になり、世界中の情報を簡単に得られて世界が身近になったり、みんながSNSで自由に発信できたり、You Tubeですぐに新しい情報を得られたり、主婦が家事や子育てしててもネットショップを経営してお金を稼げるようになったり、本当に自由で素敵な世界を作ってきました。

ブロックチェーンでそのインターネットをさらに安心で便利な世界へと連れてってくれるでしょう。
それをめっちゃかっこいい言葉で表すとこう言われています。
WEB3.0
さあ!この話を明日めっちゃドヤ顔で誰かにしてみたくなった?

スマートエイジングの扉の中の人。 55歳無職で離婚に踏み切った私。 無謀だといえばそうなのだし不安定なことも多いけど、私の毎日を取り戻した感覚は素晴らしいんです。 今まで見えていなかった無限に世界が広がっていて、そんな世界を同世代のみんなと共有したい。 年齢を言い訳にせず、いろんなことを知って、いろんなひとに会って、どんどんアップデートし続けたい。 まわりのみんなで幸せになっていきたい。 そんな思いでこのブログを書いてます。どうぞよろしくね。

Back to Top