ビットコインはじめてさんは、ドルコスト平均法

あなたを含め身近な人で、仮想通貨(=暗号通貨)を持っている人って何人ぐらいいますか?
私のリアルな交友関係では、たった1人でした。
多分今もそれほど変わりはないと思います。

なんでだろ?
ビットコインの価格が爆上げ爆下がりしたっていう、ちまたのニュースを聞くにつけ
「ああ、一部のわかってる人の間で盛り上がってる危ない投資ね」
ってイメージがとっても強いのでしょう。

私も最初はそんな感じで遠巻きに眺めてました。
ところが、ある日ネットサーフィンで見つけたイケハヤさんという有名インフルエンサーに心酔してしまって、ビットコインやってみたい!!!という好奇心が勝って、よく理解しないままZaif(ザイフ)という仮想通貨販売所で毎月1万円くらいのBTC積立を始めたのが出会いでした。
たしか、2016年7月のビットコインの2回目の半減期※の前後だったと記憶してますが、ビットコインの価格が高騰して億り人と呼ばれる人たちがゴロゴロいた時代です。
半減期が何かという話はまた次の機会にするとして、とにかくその2回目の半減期のタイミングでビットコインの価格が大きく下落して、全く無知な私はなすすべもなく気づけば元本を大きく下回る残高になってました。
それから4年。今年2020年5月3ビットコインは3回目の半減期を迎えました。
そして私も、例の友達に色々教えてもらって、再び仮想通貨に投資するようになったんです。

何が言いたいかと言うと、つまりビットコインはまだ3回目の半減期を迎えたばかりのほんの10数年の歴史の新しい技術で、定期的に半減期を迎えることでその価格は上がり下がりが激しいのは事実。
だけど、2020年5月ビットコインは3回目の半減期を迎えたばかりで、今ちょうどビットコインはじめ仮想通貨の価格は下がっていて、初心者こそお小遣い程度の小額ではじめられて、将来着実に増えた収穫を楽しむことができるんです。
むしろ、少額で毎月コツコツとビットコインを買い続けるドルコスト平均法で、来たるべき次の半減期にむけてそなえる絶好のチャンス。

※ドルコスト平均法
価格変動が激しい金融商品を、常に一定の金額で長期間に渡って定期的に買い続けるという方法。価格が低いときには多く買えて、高いときには少しだけ買う、そのおかげで価格変動のリスクをおさえられるんです。

みんなが普段から使い慣れてるスマホアプリで、そのドルコスト平均法で仮想通貨の積立ができる日本の販売所はいくつかあるんですが、私はコインチェックを利用して、月1万円(300円 / 日)のビットコイン積立をしています。いつでもアプリから積立額の変更とか中止とか手続きできるので、嫌だなと思えばやめればいいんです。
まずは実際にやってみることを強く強くおすすめします。
他にもビットフライヤーGMOコインなどでも少額からの積立やってます。

宝くじとかやる人なら、その分をこの機会に仮想通貨デビューにまわしてみてはいかが?
私は55歳無職なのに離婚した無謀な女ですが、仮想通貨やブロックチェーンを勉強してこの未来のあるワクワク(湧く湧く)の波に乗って、老後の資金を大きく増やそうと真剣に取り組んでます。
50代前後の人はやったことない人多いので、ぜひみんなに広めてみんなで2025年の次の波に乗ってハッピーにお金をふやしましょう!

スマートエイジングの扉の中の人。 55歳無職で離婚に踏み切った私。 無謀だといえばそうなのだし不安定なことも多いけど、私の毎日を取り戻した感覚は素晴らしいんです。 今まで見えていなかった無限に世界が広がっていて、そんな世界を同世代のみんなと共有したい。 年齢を言い訳にせず、いろんなことを知って、いろんなひとに会って、どんどんアップデートし続けたい。 まわりのみんなで幸せになっていきたい。 そんな思いでこのブログを書いてます。どうぞよろしくね。

Back to Top